スマホ育児・スマホ子守・スマホ子育てとは?

「スマホ育児(スマホ子守、スマホ子育て)」なる言葉をご存じでしょうか。
それほどスマホのお世話になっていない私からすると、悪いイメージしか湧かない言葉です。
とうとう、来るところまで来てしまったのではないかと心配になる響きです。

「スマホ育児」は、いろいろな場面で使われているようです。
乳幼児にスマホを渡して遊ばせておくであるとか、親がしつけや知育用のアプリを利用するケース、
単に、親がスマホを操作しながら育児するという少しネガティブな場合にも使うようです。

育児を見守る世代には、育児にスマホが入り込む余地はなかったのですから、当然の如く否定的な
意見が出てきます。赤ちゃんの健全な発達や発育に悪影響があるのではないか、親子の意思伝達や
情緒的な関係も希薄になってしまうのではないかなど、納得できる心配ごとは多数あります。
日本小児科医会は、スマホ育児が子供の健全な発育を妨げるおそれがあるとして、「スマホに子守り
をさせないで!」というポスターを作っているようです。

その一方で、スマホ育児は拡がっているのです。どういうことなのでしょうか?
親にとってメリットがなければ拡がらないわけですので、まずはメリットをまとめてみます。
スマホは、指先一つで画面が動いたり音が出たりと興味を引く要素が多分にありますので、子供が
すぐに夢中になる特性があります。「子供が夢中になる=おとなしくなる」ということですから、
公共交通機関でのぐずり対策や、一人遊びの時間延長による、親の時間の確保に貢献します。

もうひとつは、様々なアプリの存在です。子供の健康状態や予防接種の日程を管理するアプリや、
知育に関するアプリなどは容易に想像できますが、今や子守り用アプリで赤ちゃんを遊ばせたり、
寝かしつけたりするものもあるようです。また、赤ちゃんが悪いことをすれば怒るアプリや、
逆に良いことをすれば褒めるアプリまであるとのこと。
ここまでいくと、少々想像の域を超えてしまうのは、私だけでしょうか?

核家族化やご近所付き合いの希薄化が進んでいる現在、育児で大変な思いをしている母親(父親)も
急増しているのではないでしょうか。経験もなく、体力的にも大変な育児ですから、少しでも助けに
なるものが必要なのかもしれません。
単に、「スマホに子育てをさせるとはけしからん」であるとか、「親子のスキンシップや生の声は、
赤ちゃんの発育には必要不可欠なので問題だ」とばかり言っていても解決しない時代になったと、
社会全体が認識すべき時期になったのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)