格安スマホが気になる・・・Y!mobileが良さそう。

スマホには全く興味がなかった私ですが、仕事の都合で突然スマホが必要になりました。
迷惑な話ですが、文句ばかり言っていても仕方がありませんので、「スマホ」の研究開始です。

「安さ」を追求したい私としては、まずは値段重視で検索です。驚くほどヒットしますね。
んっ?「格安スマホ」とは何?「月980円~」とか「月1,980円~」の文字が目に飛び込みます。
内容を見てみると、通話やメール・データ通信など、いわゆるスマホの機能と同じに見えます。

「この値段であれば、今のガラケーより安いんじゃないの?」というのが、正直な感想です。
しかし、知人は、「格安スマホは設定が大変だし、故障しても保障がないし、おすすめできない」
との意見。やはり、「安かろう、悪かろう」なのでしょうか?

よくよく調べてみると、「格安スマホ」にも2種類あるようです。
携帯キャリアから回線を借りてデータ通信サービスを行っているMVNOと、自社回線で運営している
MNO(Y!mobile)の2つです。そもそも、なぜ安いのかという点を、まずは理解しましょう。

自社で通信回線を運営していないMVNOについては、通信回線を維持するための基地局の整備や
メンテナンスコストがかからないということがあります。そのコストは、年間数千億円だそうです。
さらに、店舗を持たずネット販売に特化することで、店舗維持コストも削減できます。
これなら、安く販売できる理由もうなずけます。

そうなると、不思議なのがMNO(Y!mobile)です。通信回線はソフトバンクが運営し、自社回線では
あるものの負担額は少ないのかもしれませんが、店舗は見かけます。品質は、ソフトバンクと同じ
なのでしょうか?お店の方に聞いてみますと、回線の品質自体はソフトバンクと同じだそうです。
では、なぜお安くなるのかについては、取り扱っている端末に制約があるとのことでした。なるほど。

安さの秘密は理解できました。あとは、しっかりデメリットや面倒臭さを把握することが大切です。
大きなデメリットは3つあるようです。まずは、通話料金が携帯キャリアのようなカケ放題のプランが
ないこと。次に、店舗がないため、初期設定のアシストやアフターケアが期待できないこと。最後に、
端末機種が限定的ですので、携帯キャリアの最新高スペックの端末は望めないことです。蛇足ですが、
携帯キャリアのように、メールアドレスがもらえないこともお忘れなく。

人それぞれ好みや目的が違いますので、目的にフィットしたサービスを選択するのが一番です。
私は、格安のメリットと面倒臭さのデメリットをある程度緩和してもらえるMNO(Y!mobile)が、
現状では一歩リードという気がしています。ほとんど使わない通話は、IP電話で我慢ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)