子供のために買おうかやめようか悩むスマホ

今どきの子供からすれば、生まれたときからスマホが生活環境の一部になっています。そのため、
早い子供であれば、2、3歳児でも楽々とYouTubeを自分で操作できてしまうようです。小学生での
スマホ所持率は約3割という調査結果も出ているとおり、次世代には欠かせないものとなりました。

私が子供の頃欲しかったものといえば、グローブ・バット・野球盤ゲームくらいのもの。ちょっと極端
かも・・・。贅沢品や工夫すれば代替手段があるものとは違い、必要性は十分理解できるものの、
いろいろな不安もあり、買おうかやめようか悩ませてくれるのがスマホです。

みなさんは、いつ頃からどういう動機で子供にスマホを与えているのでしょうか?いくつかの声を集約
してみました。

小学生に関連するきっかけは、やはり塾やお習い事の送迎時の連絡手段が、最も多いと思われます。
中には、小学校の宿題に「ネットで調べてくる」という課題があったのでという意見も。いずれも、
小学校3年生あたりからが対象ですので、概ね10歳から使用開始というご家庭が多そうです。

このスマホ比較ランキングサイトというところ
色々なスマホを比べてみた所、子供に必要な機能から考えて、このトーンモバイルという子供向けスマホが良さそうです。
次のターニングポイントは、電車通学と子供の交友関係の拡がりです。電車通学が始まり、緊急時の
連絡手段やGPS機能を利用したいという親の思いがひとつのきっかけ。もうひとつは、子供同士の
連絡手段として必要ということのようです。特に後者は、連絡手段がないと仲間に入れないという、
現代ならではの切実な問題のようにも思えます。中学生からこのような状況ですので、高校生にも
なれば、9割以上の子供がスマホを手にしていると聞いても驚きではありません。

一方で、自分の判断で一定レベル以上責任も取れるようになってから持てばよい。なので、高校を
卒業するまでは、スマホは必要なし(与えるつもりはない)との意見もありました。

正解はないのかもしれませんが、考えるべきポイントは2つあるような気がします。
まず、「スマホ=電話+インターネット」ということです。電話が必要なのであれば、ガラケーで十分
ともいえます。チャットアプリや無料IP電話はありませんが、余計な心配ごともありません。
もうひとつは、「スマホ=PC+どこでもお手軽に」ということです。親の監視下にない状況で、
便利ではあるものの、使い方を間違えるととんでもない脅威にさらされるインターネットにアクセス
できることが、一番の心配ごとです。

スマホというよりは、インターネットに関する脅威ややってはいけないことを、理由も含めてしっかり
認識させることが大切なのかもしれません。いきなり「スマホデビュー」ではなく、家のパソコンで、
徐々にインターネットに寄り添っていくことも重要ではないでしょうか。

スマホ育児・スマホ子守・スマホ子育てとは?

「スマホ育児(スマホ子守、スマホ子育て)」なる言葉をご存じでしょうか。
それほどスマホのお世話になっていない私からすると、悪いイメージしか湧かない言葉です。
とうとう、来るところまで来てしまったのではないかと心配になる響きです。

「スマホ育児」は、いろいろな場面で使われているようです。
乳幼児にスマホを渡して遊ばせておくであるとか、親がしつけや知育用のアプリを利用するケース、
単に、親がスマホを操作しながら育児するという少しネガティブな場合にも使うようです。

育児を見守る世代には、育児にスマホが入り込む余地はなかったのですから、当然の如く否定的な
意見が出てきます。赤ちゃんの健全な発達や発育に悪影響があるのではないか、親子の意思伝達や
情緒的な関係も希薄になってしまうのではないかなど、納得できる心配ごとは多数あります。
日本小児科医会は、スマホ育児が子供の健全な発育を妨げるおそれがあるとして、「スマホに子守り
をさせないで!」というポスターを作っているようです。

その一方で、スマホ育児は拡がっているのです。どういうことなのでしょうか?
親にとってメリットがなければ拡がらないわけですので、まずはメリットをまとめてみます。
スマホは、指先一つで画面が動いたり音が出たりと興味を引く要素が多分にありますので、子供が
すぐに夢中になる特性があります。「子供が夢中になる=おとなしくなる」ということですから、
公共交通機関でのぐずり対策や、一人遊びの時間延長による、親の時間の確保に貢献します。

もうひとつは、様々なアプリの存在です。子供の健康状態や予防接種の日程を管理するアプリや、
知育に関するアプリなどは容易に想像できますが、今や子守り用アプリで赤ちゃんを遊ばせたり、
寝かしつけたりするものもあるようです。また、赤ちゃんが悪いことをすれば怒るアプリや、
逆に良いことをすれば褒めるアプリまであるとのこと。
ここまでいくと、少々想像の域を超えてしまうのは、私だけでしょうか?

核家族化やご近所付き合いの希薄化が進んでいる現在、育児で大変な思いをしている母親(父親)も
急増しているのではないでしょうか。経験もなく、体力的にも大変な育児ですから、少しでも助けに
なるものが必要なのかもしれません。
単に、「スマホに子育てをさせるとはけしからん」であるとか、「親子のスキンシップや生の声は、
赤ちゃんの発育には必要不可欠なので問題だ」とばかり言っていても解決しない時代になったと、
社会全体が認識すべき時期になったのかもしれません。

スマートフォンとガラケーについて

多くの人が持っている携帯電話。iPhone・スマートフォン・Android・その他携帯など様々な種類があり自分に合ったものを選ぶ事ができます。

携帯を購入する場合、機種はもちろんですが携帯会社や料金などを比較して選んでいくことが多いと思います。地方などの場合には電波エリアが含まれているか、割引プラン・通話やパケット料金を比較して選んでいくこともあります。
現在では、格安携帯やSIMカードなども増えてきたことにより、使い方によっては月額料が大手キャリアに比べるとかなり安くなる事もあります。
スマートフォンには、Apple社製のiPhoneはiosが基本ソフトです。Googleが作った基本ソフトが含まれているのがAndroid。スマートフォンとはLINE・インスタグラム・Twitter・電話などができる携帯電話のことを言います。
携帯電話の機種によって価格が変わってきますし、毎月の料金の設定も変わってきます。どのキャリアでどのスマートフォンを選ぶかは、自分がどのようなことをメインに使うのかを考え、機種にこだわりがなければ格安のものを選び、毎月の料金を低額に抑える事もできます。
スマートフォンを使っている人がたくさんいる中、現在でもガラケーを使っている人がいます。ガラケーとはガラパゴス携帯の略で、二つに折りたためる物がほとんどで、日本で独自に進化した携帯のことを言います。スマートフォンに比べると毎月の料金が安い・使いなれているから・まだ使えるからスマートフォンに変える必要がないという人もいるようです。
しかし友達がLINEをやっていて自分も参加したいという場合には、昔から使っているガラケーでもLINE無料で使う事ができますが、通信料がかなりかかるようで通知時間も決まっていて設定しなければならないので少し不便な部分も出てくるようです。
現在は、ガラホという中身がスマホと同じ機能になった機種がでています。料金プランもスマホ同様のプランを選ぶ事が出きるので、通信料がとても高額になるということはありませんが、ガラケーの料金から比べると多少は高くなってしまうようです。
ガラケーを使っている人で、スマートフォンに変えてみたいけれど料金がかなり上がってしまうのは嫌だという人で、大手キャリアにこだわらなくてもいい、料金を安くしたい、ある程度の設定ができる、サポートがあれば大丈夫と言う人の中には、格安携帯などを選ぶという人も増えているようです。
このようなことから、大手キャリアも新しいプランを設定し乗り換えがおこらないように対応をし始めているようです。
スマートフォンを選ぶ場合には、機種も大切ですが自分がどのようなものをメインに使うのかや料金などを検討し購入すると良いでしょう。

格安スマホが気になる・・・Y!mobileが良さそう。

スマホには全く興味がなかった私ですが、仕事の都合で突然スマホが必要になりました。
迷惑な話ですが、文句ばかり言っていても仕方がありませんので、「スマホ」の研究開始です。

「安さ」を追求したい私としては、まずは値段重視で検索です。驚くほどヒットしますね。
んっ?「格安スマホ」とは何?「月980円~」とか「月1,980円~」の文字が目に飛び込みます。
内容を見てみると、通話やメール・データ通信など、いわゆるスマホの機能と同じに見えます。

「この値段であれば、今のガラケーより安いんじゃないの?」というのが、正直な感想です。
しかし、知人は、「格安スマホは設定が大変だし、故障しても保障がないし、おすすめできない」
との意見。やはり、「安かろう、悪かろう」なのでしょうか?

よくよく調べてみると、「格安スマホ」にも2種類あるようです。
携帯キャリアから回線を借りてデータ通信サービスを行っているMVNOと、自社回線で運営している
MNO(Y!mobile)の2つです。そもそも、なぜ安いのかという点を、まずは理解しましょう。

自社で通信回線を運営していないMVNOについては、通信回線を維持するための基地局の整備や
メンテナンスコストがかからないということがあります。そのコストは、年間数千億円だそうです。
さらに、店舗を持たずネット販売に特化することで、店舗維持コストも削減できます。
これなら、安く販売できる理由もうなずけます。

そうなると、不思議なのがMNO(Y!mobile)です。通信回線はソフトバンクが運営し、自社回線では
あるものの負担額は少ないのかもしれませんが、店舗は見かけます。品質は、ソフトバンクと同じ
なのでしょうか?お店の方に聞いてみますと、回線の品質自体はソフトバンクと同じだそうです。
では、なぜお安くなるのかについては、取り扱っている端末に制約があるとのことでした。なるほど。

安さの秘密は理解できました。あとは、しっかりデメリットや面倒臭さを把握することが大切です。
大きなデメリットは3つあるようです。まずは、通話料金が携帯キャリアのようなカケ放題のプランが
ないこと。次に、店舗がないため、初期設定のアシストやアフターケアが期待できないこと。最後に、
端末機種が限定的ですので、携帯キャリアの最新高スペックの端末は望めないことです。蛇足ですが、
携帯キャリアのように、メールアドレスがもらえないこともお忘れなく。

人それぞれ好みや目的が違いますので、目的にフィットしたサービスを選択するのが一番です。
私は、格安のメリットと面倒臭さのデメリットをある程度緩和してもらえるMNO(Y!mobile)が、
現状では一歩リードという気がしています。ほとんど使わない通話は、IP電話で我慢ですね。

私は超がつくほどのガラケー派。スマホは高いイメージ

今や、電車の中でやっていない人を探すのが大変というくらい普及しきった携帯・スマホ。
かくいう私は、絶滅危惧種の「超ガラケー派」。なぜ「超」がつくのかといいますと、インターネット
にも接続出来ず、ただただ通話とショートメールしか使えない携帯だからであります。
現在の機種も、長男が小学校5年のときから使い始め、現在大学4年生ですからかなりのもの。

そんな我が家に、「スマホ」を検討しなければならない状況が発生しました。
「スマホ=高い」イメージしかなく、研究などしたこともなかった訳ですから、一からお勉強です。
久し振りに契約書を片手に、携帯ショップへ行ってみました。

あらためて家族全員の契約内容を見て、それなりに契約時は考えていたのだなぁと感じました。
携帯・スマホ料金は、通話料・データ通信料・オプション料・端末代金の大きく4つのカテゴリー
で構成されています。スマホを見る前に、少しは安くならないものかと、早速相談開始です。

まずは通話料からです。カケ放題のプランや1回5分以内の通話はすべて無料など、おトクプランも
充実しています。全く使わない私と、通話は制約付きの子供には、現在の最低料金がやはりベスト。
最も使用する妻には、新しいプランもフィットしそうでした。指定割や家族割、スマホ同士であれば、
無料のIP電話(LINEやSkypeなど)もあるようですので、選択肢は広そうです。

次がデータ通信料です。現在加入しているのは、家内と長男のみ。私と長女は「超ガラケー派」。
携帯ショップの店員さんも、ネットにもつながらないガラケーを持ち、通話料もほぼゼロの私には、
少し態度が冷たかったような・・・。データ通信料は、使用量のイメージが湧きにくいので、今回
それぞれの使用量を確認して頂きました。結果、現在のプランが適正レベルとのことでした。
余分な契約容量はお金の無駄。足りなければ、速度が遅くなる、使えないといったことが起こります。

オプションに関しても、家内と長男に安心パックがついているのみ。これ以上は減らせません。
契約当初は、キャンペーン割引の適用条件として加入した記憶がありますが、条件完了後に、
ひとつひとつ解約していった結果であろうと思います。

最後が端末代金です。とっくに支払は終わっていますので、今より安くなることはありません。
次回、プランを決めたときに、お財布と相談しながら機種選定をすることとしました。

本当に久し振りの携帯ショップ訪問でしたが、混んでいたこともあり、待ち時間も入れると約2時間。
この時間の節約も次は考えたいものです。